看護師のいじめは壮絶…具体的な「いじめの対処法」を紹介!

「看護師のいじめ」が、どれだけヒドく、陰湿なものか、看護師のあなたなら分かるはず。

「いじめ」なんて見るのも嫌なのに、当事者となってしまったら…と考えるだけで恐ろしいですよね。

現在、いじめにあっている「あなた」のために『看護師いじめの対処法』をお伝えします。

 

いじめの対処法

『相談』

相談、と言っても家族や友達にではありません。

相談する相手は、上層部の人間です。

看護師長、副看護師長、それでも解決できないようであれば看護部長、というように『いじめ』を根本から解決しようと腰を上げてくれる人に相談をしましょう。

現代はどの企業、組織も『パワハラ、いじめ』というワードにとても敏感になっています。組織のイメージダウンは「存続の危機」を意味します。つまり、どの企業、組織も『パワハラ、いじめが蔓延している』というイメージを抱えたくはないのです。

「ハラスメント専門相談窓口」を設けている病院であれば、そこで相談することも検討してみましょう。

BOO

今はSNSですぐに拡散できちゃうもんね
そうだね、SNS炎上で世間の騒ぎにでもなったら、病院のイメージはガクッと落ちて立ち直れないだろうね

YAGI

 

『診断書をもらって休暇を取る』

「また明日もひどいこと言われるんだろうな…。」というネガティブな感情が長く続くと、必ず身体に不調が現れます。

それは、①眠れない、②食欲がない、③動機、息苦しさ、などの個人差はありますが身体的な症状として現れることがあります。その他にも、倦怠感(身体のだるさ)や、ひどい場合には蕁麻疹や神経痛などの痛みを伴うことがあります。

身体に現れてくれれば自覚できるのですが、精神面は気付きづらいです。

慢性的なストレスを与えられ続けると、①不安感や焦燥感(焦り)、②意欲の低下、③自責の念(自分を責めてしまう)、など自分では気付きにくい症状が現れます。

「最近すごく疲れやすくて、仕事に行く前に胸がドキドキする…。」「私は何をしてもダメなんだ…。」という症状が現れている方は、一度心療内科を受診することをおすすめします。

ひとこと
心療内科は予約制のことが多いです、長ければ1ヶ月〜3ヶ月待ちなんてことも…。「そんなに待てない!」という方は、内科などの開業医を受診して、紹介状をもらうと早めに受診できることがあります。

これらの症状があるにも関わらずストレスフルな環境で頑張り続けると、最悪の場合「うつ病」を患ってしまう可能性もあります。

自分が壊れてしまう前に、医療機関を受診して診断書をもらいましょう

それを職場に提出して休職する、というのもひとつの道です。

しっかり休み、もう一度「頑張ろうかな。」と思えたときに復帰する、転職活動をするという方法もある、ということを知って欲しいです。

BOO

新人さんはどうしても頑張りすぎてしまうんだよね
ストレスフルな環境だからこそ視野が狭くなってしまうんだよね。看護師として生きていく道は沢山あるんだよ

YAGI

 

『辞める』

最終手段であり、1番のおすすめの方法、『退職する』

正直、いじめが蔓延している職場で学べることは少ないです。

それは、看護師は「経験が技術に直結している」からです。

新人ナースは、先輩ナースの指導を「見て、聞いて、試して」学びます。自力で学習も必要ですが、それを試すためには正しい技術であるかを判断してくれる人が必要です。なぜなら、看護師の技術、知識は『患者の命に直結しているから』です。

新人ナースだけではなく、他科へ異動となった看護師にも同じことが言えます。

「見て、聞いて、試して」が出来ない環境で学べることは、とても少ないのです。

そのため、これからも「看護師として生きていこう」と思っているのであれば、酷い職場には見切りをつけて、「新しい環境で学び直そう」という一歩を踏み出す勇気も必要です。

BOO

爆弾が降り注ぐ戦場で悩んでいる暇なんてない!今すぐ逃げよう!
いじめが原因で転職をして、今楽しく看護をしている人を知っているからね。「辞める」という一歩を踏み出す勇気が必要だ

YAGI

 

看護師いじめの対処法:まとめ

現在いじめられている、パワハラを受けている看護師さん、とても辛いですよね。

今の辛さを我慢する必要はありません、今の職場を辞めたとしても看護師として生きていく道は沢山あります

看護師いじめの対処法として、

  1. 解決してくれそうな職場の上層部(看護師長、看護部長)へ相談
  2. 診断書をもらって休職する
  3. 退職する

現在の職場に居なければいけない理由なんて、あなたの命に比べればとっても小さいものです。

『辞めても看護師として生きていけるんだ』ということを忘れずに、あなたらしく生きていけるよう、一歩踏み出す勇気を出してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。