国試が不安な受験生へ!【看護師国家試験、合格率9割の本当の理由とは?】

第109回 看護師国家試験を受験する、誇り高き受験生!

数々の困難…めまいがするほどのテストをなぎ倒し、地獄の実習を突破してきた受験生!

患者さんを優先して、看護計画『♯ 自己管理不足』を自分自身に立案しなければならなかった受験生!

「点数が上がらない…、モチベーションが保てない…。」と落ち込んでいるのなら、どうかこの記事を見て欲しいです。

あなたが全力で試験に挑めるために、『看護師国家試験の高い合格率の本当の理由』をお伝えします。

 

看護師国家試験 合格率9割の本当の理由

合格率9割の本当の理由

看護師国家試験は、国家試験の中でも『難易度が低い』というイメージを持たれています。

もちろん、超難関とされている医師や司法試験と比べると難易度はガクッと下がりますが、内容は決して簡単ではありません。

丸暗記では全く歯が立たず、病態をしっかり理解しないと解けない問題もたくさん出題されます。

「落ちたらどうしよう…。」と不安になりますよね。

しかし!!

あなたの学生時代を振り返ってみてください。

  • レポート提出で眠ることを許されず、夜明けにおびえた毎日。
  • 理不尽な指導に萎縮し、吐き気すら覚えた地獄の実習。
  • 「留年だけは嫌だ…。」と、泣きながら勉強したテスト期間。

BOO

看護学生時代をひとこと表すならもちろん「地獄」だよね

看護師国家試験の9割の合格率の理由は、『地獄の毎日を乗り越えた人間だけが受験するから』です!

 

過去問の重要性について

『国家試験の問題傾向が変わる』

毎年流れるこの噂に惑わされる必要はありません。

特に、必修問題は基本暗記ゲームなので、問題を解くほどに点数は伸びます。

予備校などでも『傾向対策』など打っているところもあるので、不安であれば精神衛生上受けた方がいいです。

しかし、過去問に匹敵する国試対策はありません!

過去10年間の問題集を、病態の理解も深めながら網羅することができれば、それほど国試に怯える必要はないのです。

ここでひとつポイントなのですが、

問題集は1つに絞ることをおすすめします!

あれも、これもと浮気をしても、国試の重要な部分はどの参考書にも必ず記載されています。

ひとつの問題集を徹底的に解き理解する方が、明らかに効率的です!

BOO

看護学生は時間がないから効率的に勉強することは大切だね!
どの問題集を選んでも正解で、間違いはないからね。

YAGI

 

最後まであきらめないことが大切

国試の勉強は、最後まであきらめないことが何よりも大切です!

「前の日に見返して理解した問題が国試にでた!」という話をよく聞きます。

実際に過去に国試で出題された問題というのは、厚生労働省が『重要だ』と判断したために出題されます。

看護学生のあなたが理解しなければならないことは、過去問の中にあります。

苦しい学生時代を乗り越えてきたあなたなら、きっと最後まで走り切れます!!

 

最後に、それでも不安な看護学生へ

どれだけ勉強しても自信が持てなくて、「大丈夫だよ!」と背中を押されても不安な学生さんに、

『国家試験は来年も、再来年もあります。』ということに気づいて欲しいです。

もちろん、合格するために勉強をしているので、現役で合格できるのがベストなのですが、

「不合格になったら恥ずかしい、せっかく勉強したことが無駄になる!」という間違ったプレッシャーを自分自身で背負っている方は一度立ち止まって考えてみてください。

もし不合格になって浪人したとしても、80年の人生のうち、たった一年です。

臨床の現場に出れば、何十年と長い看護師人生が待っています。

焦らなくても、『今を頑張れている学生さんや、また来年も頑張ろうと思える学生さん』は、きっと素敵な看護師になれます。

一生懸命に学校生活、実習、テスト勉強を乗り越えてきたあなたの合格を祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。